ロヒンギャの子供たちを助けましょう

8月下旬に暴力行為が発生し、50万人以上のロヒンギの人々はミャンマーの北部ラカイン州から逃れました。 彼らは持てるだけのものを持って、バングラデシュ南東部コックスバザールに避難所と安全を求めてやってきました。 この地域は当座しのぎのテントであふれかえっています。

世界食糧計画は現地に赴き、緊急対策として高栄養価で高カロリーのビスケットを新たに到着した人々に配布し、今後6ヶ月間、米、植物油、およびレンズ豆を受け取れるように人々を登録しています。 これまでに58万人以上の人々に食料が配布されました。 特に栄養失調に弱い母親と5歳未満の子供には、強化小麦 - 大豆ブレンドが使用された栄養価の高いお粥、SuperCereal Plusが提供されます。

あなたがシェアした食事は、世界食糧計画がロヒンギャ難民に必要な緊急支援を継続するために役立てられます。

 
 

シリア人難民の子どもたちを支援しよう

ヨルダンには国連に登録されたシリア人難民が70万人近く住んでいます。長期化するシリア紛争に対し、国連WFPでは困窮する人々を助けるため、危機的状況に対する人道支援から拡張性と持続性のある解決策へと移行することをめざしています。難民たちは現金ベースの援助を受け取り、地元の店で食料品を購入することができます。これは雇用創出と税収入増加とにつながるため、地元経済の活性化に役立ってきました。

国連WFPといっしょに、シリア難民の子どもたちに日々の食事を提供するお手伝いをお願いします。

 
 

夢の実現に向かって

学校給食はすべての子どもが教育、健康、そして栄養を得るために不可欠なセーフティネットです。飢餓との戦いにおいて、学校の給食は次世代への大切な投資なのです。

国連WFPと力をあわせ、食事をシェアすることで、この子どもたちに彼らの夢を実現する機会を与えることができます。

 
 

飢饉との闘い

チャド湖地域の極度の貧困、開発不足、気候変動、そしてボコハラムの反乱と相まって、世界で最も急速に発展している人道的危機があります。ナイジェリア北東部では520万人が極度の飢餓に、そして5万人が飢饉に直面しています。

ごいっしょに、最も危険にさらされている子どもたちに命を救う食糧支援を100日間提供していきましょう。

 
 

ハイチの子供たちに学校給食を与えましょう

ハイチはアメリカ大陸唯一の低所得国であり、その経済は過去20年間にわたり政治危機と一連の壊滅的な自然災害によって繰り返し影響を受けてきました。世界食糧計画は、2015年にニッペスで最初にホームグロウン学校給食プログラムを開始しました。このプログラムでは、小規模農家から直接購入した地元産食品を使用し、子供たちを援助すると同時に、地域の経済も活性化します。学校給食は、貧しい家庭に子供を学校に送るインセンティブを与えながら、子供の栄養、学習能力、人生のチャンスを改善させるのに役立ちます。

あなたがシェアした食事は、8,000人の子供が来年1年間、適切な栄養と教育支援を受けられるようにするのに役立ちます。

活動の成果

ごいっしょにイエメンの栄養不良の子どもたちに食事を提供するための2つの目標を達成しました!おかげさまで第1目標で100万食を達成したあと、1万人の子どもたちに食事を提供するという第2目標も達成できました。

皆様がシェアされた食事のおかげで、レバノンの子供たち1100人に食事を1年間提供することができます。

共に、私たちは、1年でカメルーンの就学児童、2万5千人に食料支援するという目標に達しました!ボコハラムの暴力に直面する中、支援者の方々はより良い将来のために子供たちに希望を与えてくれました。

2017年2月、南スーダンの1部で飢きんが宣言されました。私たちは、飢きんに苦しむ人々のために100万食をシェアする緊急キャンペーンをわずか1ヶ月ちょっとで完了しました!

ごいっしょに、マラウイの58,000人の子どもたちに学校給食を提供する資金を集めることができました。マラウイは最近のエル・ニーニョ現象により多大な被害を受けました。

2016年6月〜7月にあなたがシェアした食事は、レバノンのベッカ渓谷に住むシリア人難民の子どもたちを助けています。1500人の子どもたち(その多くが劣悪な状況下で暮らしています)が、丸1年間食糧支援を受けられるようになりました。

2016年の春に、私たちはベイルートに住む1,400人の3〜4歳のシリア人難民の子どもたちを支援するために資金を集めました。予想を超える支援をいただけたおかげで、7週間以内で目標を達成することができました。

ShareTheMealは、2016年1月から4月までの間に、シリアの町ホムスに住む2000人の母親とその赤ちゃんを1年間支援するための募金活動を行いました。

2015年11月と12月に、私たちは、ヨルダンのザータリ難民キャンプに収容されている、支援を必要としている2万人のシリアの子どもたち全員に、丸1年間学校給食を提供できるだけの基金を集めました。

2015年の夏から秋にかけて、ShareTheMealはレソトの学校給食を支援しました。たくさんの方々が食事をシェアしてくださり、給食180万食を子どもたちに届けることができました。 2015年11月と12月に、私たちは、ヨルダンのザータリ難民キャンプに収容されている、支援を必要としている2万人のシリアの子どもたち全員に、丸1年間学校給食を提供できるだけの基金を集めました。