世界初の飢餓撲滅アプリ

Logo WFPShareTheMealは、飢餓のない世界を目指して活動する世界最大の人道支援機関である国連WFPのイニシアチブです。国連WFPは毎年、およそ80カ国で8000万人に食糧支援を行っています。国連WFPの活動資金は寄付金や任意の拠出金によってまかなわれており、おひとりおひとりからの寄付がとても重要な役割を果たしています。国連WFPの管理運営費は非営利セクターのなかでも最低レベルで、いただいた寄付のおよそ90%が飢餓のない世界をめざす国連WFPの事業費にあてられます。

私たちの基本理念

透明性

60円のご寄付で、子ども1人に1日分相当の食事を食べさせてあげられます。

有効性

どこで食事が配給されたか、活動がどれだけ進捗しているかを報告します。

持続可能性

私たちは、個人と地域社会が将来自立できるようになるような食糧支援に焦点をしぼっています。

どうして飢餓なんですか?

現在、栄養不良の人々は世界で約8億1500万人います。すなわち、世界の9人に1人は健康で活動的な暮らしを営むための十分な食糧を得られないのです。しかし、飢餓はまったくもって解決可能な問題です。たった60円で、1人の子どもに1日分の食事を提供することができるのです。